剣道プロジェクト取材 社会で活躍する剣道人~パナソニックLS剣道部大亀杏氏~




大亀杏 パナソニックLS社剣道部所属 学生時代に関東女子学生剣道選手権大会優勝、全日本女子学生剣道選手権大会優勝などの実績を持つ。

絶対にパナソニックに入社したいと思った

筆者:本日はお忙しい中ありがとうございます。大亀さんは学生時代も全日本女子学生剣道大会で優勝という素晴らしい結果を残されていますが、パナソニックに入社しようとおもったのはなぜでしょうか。

 大亀氏:私の兄も元々パナソニックで働いていて、私が大学時代に兄の応援で実業団の大会を見に行きました。その時のパナソニックの姿にとても魅力を感じ、企業で剣道を続けるならパナソニックに入りたいと強く思いました。

筆者:どのような感じだったのですか?

大亀氏:選手だけでなく応援側も一体となり、一つのチームとして全力で勝ちに行っていた姿にすごく心を打たれました。

学生時代より少ない稽古の中で

筆者:実際パナソニックに入られてどうでしたか?

大亀氏:みんな熱い気持ちをもって日々の稽古に取り組んでいます。ここで稽古させてもらえるのは本当に幸せなことだと思っています。

筆者:素晴らしいですね。でも、学生時代に比べると稽古量はかなり減っていると思うのですが、その中で結果を出すためにはどうしていらっしゃると思うのですが

大亀氏:パナソニックでは「稽古の量より質」に重きを置いています。一人一人が目的意識をもって、短い時間でも集中して稽古することで成果を上げています。私自身も学生時代に比べて、より深く考えて稽古ができるようになったと思います。

筆者:なるほど!なかなか稽古時間がとれない社会人にとっては大事なことですよね。

仕事との両立

筆者:ほかのみなさんにも聞いているのですが、社会人になると仕事が忙しく残業なんかで練習ができない時もあると思うのですが、何か工夫されていることはありますか?

大亀氏:なるべく残業等が出ないように、仕事量が多い時は早めに会社に来て仕事するようにしています。それでも残業になってしまうときは、会社の中に道場があるので自主稽古をしたりしています。

剣道で学んだことを子供たちに伝えたい

筆者:剣道を学んでよかったことって何ですか?

大亀氏:剣道では礼法や所作を学ぶことができますよね。剣道に真剣に取り組んでいると自然と礼儀にかなった行動がとれたり、挨拶ができるようになったり、相手に敬意を持てる人になったりします。そういうことが今社会人になって本当に役に立っていると感じています。

筆者:剣道の良さですよね。学んだことの中から特に子供たちに伝えていきたい事は何ですか?

大亀氏:こうやって剣道ができることを当たり前のことと思わず、先生、ご両親に感謝の気持ちを忘れずにいてほしいです。私自身の今日があるのも、私に剣道を教えてくださった先生、私に剣道をさせてくれた両親のお陰だと思っています。今すぐにはわからなくても、将来そういう気持ちをもった大人に成長してほしいと思っています。

筆者:「実るほど首が垂れる稲穂かな」ですね!ありがとうございました。

大亀氏の今後の目標は全日本実業団剣道大会での優勝、全日本女子剣道選手権大会への出場だそうです。大亀氏の今後の活躍にも注目していきたいと思います!頑張ってください!