剣道体験【ロシアから日本】




ここ数年、武道に関心をもってくださる外国の方が多くいらっしゃり、

日本で剣道を体験してみたいという方も増えています。

この日ははるばるロシアから剣道を体験したいということで、四名の方がいらっしゃいました。

体験も礼法から

日本の文化として剣道に親しんでいただく、楽しんでいただけるよう考えていますが、

剣道が「礼に始まり、礼に終わる」ことは必ずお伝えし、

剣道の礼法を必ずみなさんと行います。

足さばき、素振り

参加者の皆様には必ず実際に打つ前に、必ず剣道の基本的なすり足や竹刀の持ち方、振り方をお伝えし、練習せていただいています。

剣道の独特な動きに戸惑いながらも皆さん一生懸命やってくださっています。

実際打つこと

基本的な動きを一通り練習した後は、

実際に面、小手、胴を打つことを体験していただきます。

体験者の方が打つ前に必ず、こちらで見本を見せます。

その際に大きい声を出して、踏み込んで打つと、みなさんびっくりされます。

最初は恐る恐る打つ参加者の方も慣れてくると、大きい声で力強く打つ方もいます。

遊びの要素も

参加者の皆様に楽しんでいただけるよう、風船割りゲームも行います。

これが剣道体験で一番盛り上がるところです。

日本文化に興味のある参加者の皆さん

今回の参加者の方の一人に、柔道と合気道の稽古をされている方がいました。

刀も大好きで、剣道もこれから是非始めたいとのことです!

嬉しいですね。

今回使わせていただいた場所

今回使わせていただいたのは

京都鹿志館道場です。

住所:京都府京田辺市薪西山18-4

こちらの道場はなんと・・

建築士でもある現館長の森田先生が自らお建てになった、

まさに剣道をするための道場です。

広々とし、柔らかい木の床は長年、道場生がかけた雑巾で味のある黒光りし、

木の優しい香りがする素晴らしい道場でした。

こちらの道場は剣道と居合道専門道場だそうで、道場生は随時募集しているとのことです。

今後も剣道プロジェクトでは、剣道を体験されたいという皆様の依頼があれば、剣道の体験教室を随時開催させて頂きます。

お問合せは

koike.kendoproject@outlook.comまでお願い致します。

皆様のご依頼をお待ちしております。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする